国土地理院が作成している1/25000地形図は、登山には必需品だと思います。それが、インターネットで無料で取得できるのですから、なんともありがたいことです。

ただ、この地理院地図の地形図をそのまま印刷してみると、市販の地形図と比較して、かなり見やすさが劣ることが分かります。

TrailNoteでは、見やすい地図にするため、以下のようなことをしています。

色を変える

地形図を、そのまま印刷すると見づらいのは、パソコンの画面で見ることを前提にした色が使われていることが、主な原因だと思います。元の色で印刷したものは、とにかく色が薄いです。

色を変えるとどのようになるかは、こちらをご覧ください。

地形図の印刷で使っているズームレベル16と17の画像は、8ビットカラーのPNGで用意されています。色の変更を行う処理は、8ビット(256色)のカラーパレットを、色変換したパレットに置き換えて、イメージを作成しています。そうすることで、1ピクセルずつ色を調べる必要がなくなります。

道を太くする

道を太くして、強調することで、山の中を走る道路や、登山道をくっきりとさせることができます。

元画像 変換後
道の強調なし 道の強調あり

 ※国土地理院提供の地形図を掲載しています

上の結果を見ると、確かに車道や徒歩道が太くなって、はっきりするのが分かります。

道の強調は、以下の様な単純な方法で行なっています。

点Pの周りの8個の点
(P1〜P8)を調べる
1つでも道の色があれば、
点Pを道の色にする

 

点Pの色を決める際に、隣り合う8近傍の点を調べ、道の色があれば、点Pも道の色にするだけです。これを全ての点について、行います。
上の例のように、P3が道の色である場合は、点Pも道の色になります。全ての点について行うので、上記のP2やP5も道の色になり、結果的に道が太くなります。

しかし、道を強調した結果を見ると、何か余計なものまで強調されてしまっています。境界線や、広葉樹林や針葉樹林のマークまで太くなっているのが分かりますでしょうか。

境界線やマークが強調されてしまうのは、車道や林道、徒歩道などの道と、境界線、マークが同じ色のため、区別ができないためです。これらを除外しようとしたら、相当大変な処理が必要です。そんなに弊害も無さそうなので、このままとしています。

道を太くする処理は、全てのピクセルを確認する必要があるため、少し重い処理になります(A3高精細の場合、8000万回以上のループ処理)。

等高線を補間する

上記の2つは、操作方法でも説明している機能ですが、TrailNoteでは、もう一つ、工夫をしています。

何度か印刷して確認してみると、どうも、高精細モードで印刷した際に、等高線が途切れて見えることがあることに気が付きました。

パソコンで地図のPDFを見ると、確かに等高線がつながっているのですが、印刷物を見ると、途切れて見えるような箇所があります。調べると、以下のような場所であることが分かりました。

元画像 変換後
ズームレベル17の画像 部分拡大図

※国土地理院提供の地形図を掲載しています。

青枠の部分を拡大したのが右の図です。高精細モードで使用しているズームレベル17の画像では、等高線の幅は、主曲線が2ピクセル、計曲線は3ピクセルとなっているようですが、所々、細くなっています。右図の「ここが細い」と書いてある部分は、幅が1ピクセルしかありません。

このような幅1ピクセルの部分で、途切れて見えることがあるのが分かりました。であれば、ここを補間して、確実に幅2ピクセルにしてやることで、きれいな地図が作れそうです。

そこで、以下の様なことをして、等高線を補間して、主曲線の太さを2pixelにしています。
等高線の点Pについて、以下の4つのパターンのいずれかに当てはまるように点を補間します。

パターン1 パターン2 パターン3 パターン4

例えば、パターン1の場合で、P, P1, P2の3つが等高線で、P4が白の場合、P4を等高線の色で補間します。ただし、すでにパターン2〜パターン4のいずれかの条件に当てはまっている場合は、補間しないようにします。

つまり、点Pを、必ず2✕2の格子の一部にすることで、線の太さを2ピクセルにしています。

補間した結果は、以下のようになります。微妙な差ですが、等高線の太さが、より均等になっているのが分かりますでしょうか。

元画像 変換後
元の画像 等高線補間後の画像

 

この補間は、ズームレベル17の画像を使った高精細モードの印刷時のみ行なっています。
(ズームレベル16では、途切れて見えることが無いため)

試しに、雲取山を中心にしたA3縦印刷の場合で、補間点の数を数えてみたところ、約102万個の点を追加していました。かなり多いように思いますが、全体は8000万個以上の点で構成されているので、補間率は1%ほどです。

この等高線の補間も、全てのピクセルを調べる必要があります。ただし、印刷用のタイル画像のダウンロード時に補間するようにして、なるべく重くならないようにしています。

この工夫により、印刷後に等高線が途切れて見えることは、ほぼなくなりました。