GPX(GPS Exchange Format)データとは、GPSデータを定義したデータフォーマットのことで、軌跡情報(トラック)や地点情報(ウェイポイント)を記録することができます。

ヤマレコの山行記録のルートや、GPSで記録したデータも、GPXデータとして取得することができます。

GPXデータを取り込む

GPXデータの取り込みは、以下の方法があります。

メニューから「ファイル」「GPX読み込みGPXファイルを開く」を選んでください。ファイル選択画面が表示されますので、GPXファイルを選択すると、ルートが読み込まれます。

GPXファイルをドラッグして、TrailNoteのウィンドウに投げ込むと、そのルートが表示されます。TrailNoteが起動していない状態でも、DockのTrailNoteアイコンに対して、ファイルを投げ込むと、そのルートを表示した状態で起動します。

ヤマレコルートラボのGPXデータがを簡単に取り込めるようにしています。

ヤマレコの山行記録、山行計画のページを開いた状態のURL部分を投げ込むか、ルートラボのルート表示画面のURL部分を投げ込むと、ルートが取り込めます。

詳しくは、こちらをご覧下さい。

データを取り込むと、開始ポイントが画面の中心の状態で、地図とルート、標高グラフが表示されます。

GPXデータを追加で開く

今、作業しているGPXデータに加えて、別のGPXファイルを開くことができます。
メニューから「ファイル」「GPX読み込みGPXを追加で開く」を選んで、ファイルを選択してください。

トラックが新規のトラックとして読み込まれます。ウェイポイントは、今までのものに追加されます。

ファイルやURLをドラッグ&ドロップして、追加で開きたい場合は、「option」キーを押しながら、ドラッグ&ドロップしてください。

GPXデータを保存する

自分でルートを入力した後は、GPXデータを保存する必要があります。保存せずに終了してしまうと、入力したルート情報が消えてしまいます(保存せずに終了しようとすると、警告が表示されます)。

GPXデータを保存する際は、「ファイル」メニューの「GPX保存GPXファイルを保存する」を選んで下さい。

ファイル保存画面が表示されますので、保存場所とファイル名を入力して「OK」を押せば、GPXファイルが保存されます。

保存したGPXデータをヤマレコルートラボなどに登録すれば、自分の山行ルートを公開できます。

選択しているトラックだけ保存したい場合は、「ファイル」メニューの「GPX保存選択トラックを保存」を選んでください。すべてのウェイポイントと、選択トラックのデータだけGPXファイルに保存されます。

GPXデータの注意点

GPXファイルには、非常に多くのデータを含めることが可能ですが、現バージョンのTrailNoteで扱えるのは、以下の情報のみです。GPXのルート<rte>には対応していません。

タグ 内容 属性
<wpt> ウェイポイント lat=”緯度” lon=”経度”
 <name> ウェイポイント名
 <ele> 標高
<trk> トラック
 <name> トラック名
 <trkseg> トラックセグメント
  <trkpt> トラックポイント  lat=”緯度” lon=”経度”
   <ele> 標高
   <time> 日時

上記以外のデータを含むGPXデータを取り込み、編集後にGPXデータを保存すると、上記のデータ以外は、すべて消えてしまうので注意してください。元のファイルに含まれる、その他の情報を消したくない場合は、別名で保存するようにしてください。