トラックポイントを間引く

GPSログを読み込んだ場合、ポイント数が多すぎる場合があります。ポイント数が多すぎると、処理が重くなったり、点がくっつきすぎて編集がしづらくなります。

そのような場合は、ポイントを間引きます。「編集」メニューの「ポイントの間引きトラックの間引き」を選んでください。

すると、以下のような画面が開きます。

ポイント間引き

画面が開いた状態では、トラックポイントの間隔が平均30mになるように、間引き率が選ばれています(既に平均間隔が30m以上になっている場合は、間引き率10%としています)。

この画面で、間引き率や、間引き後のポイント数を指定できます。スライダを動かして、%で指定するか、ポイント数を直接指定します。

画面左に、間引き後に、点と点の平均間隔が、どのくらいになるかが表示されます。30m間隔でも十分細かいので、どのくらい間引けばよいか分からない場合は、とりあえず、30m間隔で間引いてみてください。

OKボタンを押すと、ポイントが削除され、指定したポイント数に減らされます。ポイントの間引き後も、累積標高が変わらないようにするため、ピーク、コル点を優先して残すようにしています。

間引き前のトラックポイント 間引き後のトラックポイント

もし、ポイントを減らしすぎた場合などは、「編集」メニューの「取り消す」を選んでください。間引き前の状態に戻ります。

標高データを再取得する

編集メニューの「標高の再取得」を選ぶと、トラック全体の標高データを、取得し直すことができます。以下のような場合、標高を再取得することで、より正確な累積標高や斜度を求めることができます。

ヤマレコでは、SRTM(Shuttle Radar Topography Mission)のデータを元に、標高を算出しているとのことです。これは、スペースシャトルに搭載したレーダーで世界中の標高を取得したデータで、アメリカ国内は30mメッシュ、それ以外の地域は90mメッシュの標高データが提供されているようです。

90m間隔で1つの標高値になるため、ある程度の誤差が出ます。例えば、雲取山の山頂(2017.1m)の標高は、ヤマレコでルートを入力すると1998mとなります。(TrailNoteで使用している国土地理院の10mメッシュデータでは、2014.56mとなります)。

ヤマレコから取り込んだデータは、累積標高の精度やピークの検出精度が下がります。
※ヤマレコでも、2015/9/11以降に登録されたデータについては、国土地理院の標高データを使用するようになったようです。おそらく、それ以前に登録された山行記録のGPXデータについては、SRTMのままだと思われますので、再取得をオススメします。

GPSの座標データは、かなり正確だと思いますが、標高に関しては、緯度・経度ほどの精度が出ないのか、標高が大きくアップダウンしていることがあります。機種や電波の受信状態によっては、数メートルしか離れていないのに、標高が30m以上も変わってしまうこともあるようです。

このようなデータですと、累積標高が実際より大きくなってしまったり、斜度がうまく計算できなくなります。

標高を再取得を行うと、国土地理院が提供している標高データを取得します。このデータは、10m間隔、標高誤差が5m以内と、とても高精度です。

標高の再取得をすると、以下のように標高の精度が上がります。

なお、TrailNoteを使って、手で山行ルートを入力した場合は、元々、国土地理院の標高データが使われており、標高を再取得しても結果は変わりません。国土地理院のサーバに余計な負荷をかけないためにも、再取得は行わないようにしてください。

なお、ウェイポイントの標高は、値が未定のポイントについてのみ、再取得されます。もし、既に標高が入っているウェイポイントで、標高を再取得したい場合は、標高に-1mなど、マイナスの値を入れてから、「標高の再取得」を選ぶと、そのウェイポイントの標高を再取得できます。