トラックとは、トラックポイントの集まりで構成された軌跡です。Ver1.2からは、複数のトラックを扱えるようになりました。

トラックの選択

操作するトラックを選択します。「表示」メニューの「トラック選択」から、操作したいトラックを選択します。このメニューは、複数トラックを含む場合だけ選べます。複数トラックの場合は、トラックに名前を付けると、分かりやすくなります。

トラック選択

トラックの表示

表示するトラックを選択します。「表示」メニューの「トラックの表示」から「表示しない」を選ぶと、全てのトラックの表示が消えます。

この表示選択は、印刷画面でも有効ですので、例えば、ルート線ありの地図と無しの地図を作成したい場合は、ここで切り替えてください。

「選択トラックのみ表示」を選ぶと、選択されているトラックだけが表示され、「全トラックを表示」を選ぶと、全てのトラックが表示されます。

トラックの追加

新しいトラックを追加したい場合は、「編集」メニューの「トラックの追加」を選びます。例えば、山行ルートを入力した後に、エスケープルートを入力したい場合などに使います。

「トラックの追加」を選ぶと、自動的にトラックポイント入力状態になります。地図上をクリックしていけば、山行ルートが入力できます。

トラックの分割

1つのトラックを2つに分割することができます。
分割をする場合は、トラックポイントリストが表示されている必要があります。まず、「表示」メニューの「リスト表示」「トラックポイントを表示」を選ぶか、ボタンを押して、トラックポイントのリスト表示に切り替えてください。

また、選択されたポイントの位置を確認するために、ボタンを押して、トラックポイントの編集画面に切り替えます。

トラックポイントをリスト上から選択します。選択したトラックポイントが、地図上にで表示されます。

その状態で、「編集」メニューの「トラックの分割」を選んでください。

選択した点までのトラックと、選択した点からのトラックに分離されます。選択した点以降の分離されたトラックは、一番最後のトラックとして登録されます。

トラックの結合

2つのトラックを結合することができます。GPSのログを取得する際に、分断されてしまったトラックをつなげる場合などに使えます。

トラックAの後ろに、トラックBを結合したい場合、まずは、「表示」メニューの「トラックの選択」で、トラックAを選びます。

次に、ボタンを押して、編集画面に切り替えたあと、「編集」メニューの「トラックの結合」から、結合したいトラックを選択します。

トラック結合

2つのトラックが結合され、今まで選択していたトラックにまとめられます。これを繰り返せば、複数に分割されてしまったトラックも1つのトラックにまとめることができます。