標高グラフを表示

TrailNoteでは、標高グラフを表示することができます。右側のグラフボタンボタンを押すと、標高グラフの表示/非表示を切り替えられます。グラフボタンがグラフが表示されている状態です。

トラックポイントを追加したり、移動すると、リアルタイムに標高グラフが更新されます。

標高グラフの表示項目

標高グラフの上部には、以下の項目が表示されます

項目 表示内容
点数 山行ルート(トラック)が何個のポイントで構成されているかを表示します。
ピーク数 山行ルート上に何個のピークが存在するかを表示します。
ピークは10m以上の差が出た時にカウントします。ただし、国土地理院の標高データでない場合は、30m以上としています。ピーク数の後ろの?は、国土地理院の標高データではないことを意味しています。
巻き道などでは、少し位置がずれると10m以上の差がでてしまうため、ピークと判断されることがあります(その場合、実際よりもピーク数が多くなります)。
累積標高
(登り/下り)
累積標高(m)を登りと下りで表示しています。
累積標高は、10m以上の違いが出た場合の累積としています。ただし、国土地理院の標高データでない場合は、30m以上の差でカウントします。
距離 ルートの総距離(km)を表示します。
この数値は水平距離で、アップダウン分の距離は含まれません。

グラフ上にマウスを移動すると、以下の情報が表示されます。また、地図上にも、座標や標高、通過時間が表示されます。

項目 表示内容
標高 その地点の標高(m)を表示します。
距離 開始点からの距離(km)と、総距離に対する比率を表示します。
登り その地点での登りの累積標高と、全体の累積標高(登り)との比率を表示します。
下り その地点での下りの累積標高と、全体の累積標高(下り)との比率を表示します。
斜度 その地点の前後約100mの区間の平均斜度を、%と角度で表示します。
斜度は、100m水平移動して15m標高が上がった場合に15%となります。

標高は500m上がるごとに、色を変えて表示しています。情報の背景色もそれに応じて変化します。
また、斜度は、数値だけでなく視覚的に分かるように、表現しています。以下は、その一例です。

標高1400m付近の急登 標高2700m付近の下り 富士山山頂近くの登り

このグラフの情報から、例えば、目的の山の山頂部分にマウスを合わせると、距離は全体の50%だけど、登りは95%終わり、というようなことが分かります。

標高グラフの移動・リサイズ

標高グラフは、地図上に半透明で表示されます。ルート入力時など、邪魔になることがありますので、必要に応じて、表示のON/OFF、移動、リサイズをしてください。

グラフの位置を変更したい場合は、グラフの上のタイトルバー部分をマウスでつかんで動かしてください。

グラフの大きさを拡大、縮小したい場合は、グラフの右下の部分をマウスでつかんで動かしてください。画面のフルサイズにまで広げることができます。

グラフを非表示にして、ルートの距離や累積標高の情報だけを表示することができます。グラフ左上のグラフボタンボタンを押してください。タイトルバーだけになり、ウィンドウの下端に移動します。

戻したい場合は、もう一度、ボタンを押すと、元の位置・サイズでグラフが表示されます。

 グラフを大きく表示したいような場合は、グラフ左上のグラフボタンボタンを押してください。ウィンドウ一杯のサイズにグラフが拡大されます。ウィンドウをフルスクリーン状態にしてから、グラフの最大化をすれば、フルスクリーンで標高グラフを確認することもできます。

元に戻す場合は、もう一度、グラフボタンボタンを押します。

グラフを閉じる場合は、グラフボタンボタンを押します。もう一度、グラフを表示する場合は、グラフボタンボタンを押してください。

標高グラフと地図の連動

標高グラフの中にマウスを移動すると、その地図上の位置が位置で表示されます。矢印の向きは、その位置での進行方向を指します。

下の例では、篠井山への最後の登りの地点を指しています。GPSのログであれば、地図の上端に、その地点を通過した時刻が表示されます。

※国土地理院提供の地形図を掲載しています。

グラフ上でクリックすると、その地点が画面の中央に表示されます。グラフ上のカーソルを、篠井山の山頂に合わせてクリックすれば、篠井山のピークが、画面中央に表示されます。

逆に、地図のルート上にマウスを持って行くと、それがグラフのどこに相当するのかが表示されます。例えば、休憩ポイントと考えている地点にマウスを持って行けば、それが、全体の行程の何割くらいの位置にあるのかが、すぐに分かります。

グラフ上へのウェイポイントの表示

ウェイポイントをルート上に配置すると、自動的に、グラフ上にも表示されます。

グラフ上にウェイポイントを表示したくない場合は、「表示」メニューから、「グラフボタン標高グラフ」「ウェイポイント」「表示しない」を選んでください。

また、◯だけ表示したい場合は、「ウェイポイント」「マークを表示」にチェックを付け、「名前を表示」のチェックを外してください。

グラフの範囲指定

標高グラフを部分的に拡大して確認したいような場合に、区間を指定して表示することができます。
グラフ上にマウスを移動して、「S」キーを押すと、開始位置の設定、「E」キーを押すと、終了位置の設定ができます。設定を解除して、元の状態に戻すのは、左上の「RESET」ボタンで戻します。

グラフ範囲指定の具体例は、地図に標高グラフを組み込むで説明していますので、そちらをご覧ください。

標高の再取得

ヤマレコやGPSからルートを取り込んだ場合は、以下のようにグラフに位置ボタンが表示されます。これは、GPXデータの標高が、国土地理院の標高データと一致しない時に表示されるマークです。

もし、累積標高などを、より正確に知りたい場合や、登り、下りのルート線の色分けを正確に行いたい場合は、位置ボタンをクリックして、標高を再取得してください。

標高グラフをPNGファイルに出力する

標高グラフを、PNGファイルに保存することができます。保存したPNGファイルをWordやExcelといったソフトで取り込むことで、山行行程表に標高グラフを付けたり、標高グラフを区間ごとに分けて1枚にまとめることができます。

標高グラフを保存したい場合は、まず、画面上のグラフ表示をグラフボタンONにします。画面に表示されたグラフと同じ縦横幅のPNGファイルに出力されますので、グラフをリサイズして、出力したいサイズにしてください。

次に、「ファイル」メニューから「標高グラフを保存」を選んでください。
ファイルの保存場所とファイル名を指定して、「保存」ボタンを押すと、標高グラフが出力されます。