山行ルートを入力します。

山行ルートを表す軌跡はトラック、トラックを構成する点は、トラックポイントと呼ばれます。

新規作成

新規に山行ルートを入力したい場合は、「ファイル」メニューの「新規作成新規作成」を選んでください。自動的に、編集ボタン編集画面の入力ボタントラック入力モードになりますので、あとは、山行ルートをクリックしていけば、ルートが入力できます。

なお、新規作成を選ぶと、今まで入力されていた内容(トラック、ウェイポイント)は、すべて削除されます。保存が必要な場合は、保存してから行なってください。

山行ルート(トラックポイント)を入力する

山行ルートを入力したい場合は、画面右上の編集ボタンのボタンを押して、編集画面にしてから、入力ボタンボタンを押して、トラック入力モードに切り替えます。
後は、地図上をクリックしていくと、トラックポイントが追加され、ルートが入力できます。

ルート入力

※国土地理院提供の地形図を掲載しています。

トラックポイントは、1/25000地形図以上が表示されている状態でしか入力できません。画面右下の表示が、「国土地理院(25000)」か「国土地理院(2500)」となっていれば、OKです。それ以外の場合は、地図を拡大してください。

一つ戻る

最後にトラックポイントを消したい場合は、一つ戻るボタンを押すか、「delete」キーか「d」キーを押します。deleteキーを押し続ければ、連続して点が消されて行きます。

ルート(トラック)を削除する

入力したルート(トラック)を削除したい場合は、ルート削除ボタンを押します。確認メッセージが表示されますので、「OK」ボタンを押します。

この処理で削除されるのは、選択されているトラックだけです。全てのトラックを削除したい場合は、「新規作成」を選んでください。

ルートを折り返す

今の点から、開始点まで折り返したい場合は、「編集」メニューを開き、「折り返す折り返す」を選びます。確認メッセージで「OK」を押すと、開始点まで折り返します。ピストン山行の場合に利用してください。

ルートを反転する

「編集」メニューの「反転ルートの反転」を選ぶと、ルートを反転して開始点と終了点を逆にすることができます。他の人のルート記録を取り込んだあとに、その逆のルートにしたい場合や、ルートの途中まで入力したところで、歩き始めの部分を修正したい場合などに使えます。

ルートを反転すると、今まで開始点だった点からの入力になります。そこで、不要な点を「delete」キーで消したあと、ルートを入力すれば、ルートを変更できます。その後、もう一度、ルートの反転を行えば、開始点側を修正できます。

これは、山行計画時と別のルートを歩いた場合に、後で、実際のルートに修正する際にも使えます。ルートの編集で、1点ずつ移動するよりも簡単にルートを修正できます。

モードを変更する

トラックの操作画面には、入力モードと編集モードの2つの状態があります。

画面右のボタンが入力モードになっている状態が、入力モードです。
この状態では、終了点からルートを入力していくことができます。

画面右のボタンが入力モードになっている状態が、トラックポイント編集モードです。
入力済みのトラックポイントに対して、移動や削除などの編集することができます。このモードに切り替えると、トラックポイントが、で表示されます。が開始ポイント、が終了ポイントです。

編集モードの操作は、ルートを編集するをご覧下さい。入力モード入力モードと編集モード編集モードを切り替える場合は、画面右のボタンを押すか、画面メニューでモードを選んでください。

入力モード 編集モード
入力モード 編集モード