ファイルメニュー

メニュー 利用可能状態 処理内容
新規作成新規作成 常に利用可能 新規にトラックを作成します。編集中のトラックやウェイポイントは、クリアされます。
ルートの入力
GPX読み込みGPXファイルを開く 印刷画面以外 GPXファイルを読み込み、ルートを表示します。
GPXデータの取り込み
GPX読み込みGPXを追加で開く 印刷画面以外
ルートありの時
GPXファイルを追加で読み込みます。
GPXデータの取り込み
GPX保存GPXファイルを保存 ルートありの時 入力・編集したルートをGPXファイルに保存します。
GPXデータの保存
GPX保存選択トラックを保存 ルートありの時 選択しているトラックとウェイポイントのデータのみ保存します。
GPXデータの保存
ページ設定ページ設定  常に利用可能 印刷の各種設定をします。
ページ設定をする
PDF保存標高グラフを保存 グラフ表示ONの時 標高グラフをPNGファイルに出力します。
標高グラフをファイルに出力する
PDF保存PDFファイルに出力 印刷画面時のみ 印刷範囲をPDFファイルに出力します。コンビニで印刷する場合などに使用します。
PDFに出力する
プレビュープレビューで開く 印刷画面時のみ 標準アプリのプレビューで、確認することができます。印刷画面で表示されている内容と同じものがプレビューで表示されます。プレビューの「表示」「標準サイズ」を選べば、印刷時と同じサイズで画面上で確認することができます。
プレビューで確認する
印刷プリント 印刷画面時のみ 表示されている内容が印刷されます。用紙サイズや向きは、ページ設定画面で設定されていますので、プリンタを選択して、印刷するだけです。
印刷する

 

編集メニュー

メニュー 利用可能状態 処理内容
取り消す取り消す 編集画面のみ 1つ前の状態に戻します。10個前の状態にまで戻すことができます。
取り消し、やり直し
やり直すやり直す 編集画面のみ 取り消した操作をもう一度実行します。
取り消し、やり直し
一つ戻る一つ戻る 編集画面のみ 最後のトラックポイントを削除します。
一つ戻る
折り返す折り返す 編集画面のみ トラックを終了点から開始点まで折り返します。
トラックの折り返し
反転反転する 編集画面のみ トラックを反転します。
トラックの反転
ゴミ箱削除する 編集画面のみ 選択しているトラックを削除します。
トラックの削除
トラックの追加トラックの追加 編集画面のみ 新規に空のトラックを追加します。
トラックの追加
トラックの分割トラックの分割 編集画面のみ 選択している点で、トラックを分割します。
トラックの分割
トラックの結合トラックの結合 編集画面のみ
複数トラック時
選択しているトラックと別のトラックを結合します。
トラックの結合
間引きトラックの間引き 基本画面
編集画面
トラックポイントを間引きます。
トラックポイントの間引き
標高再取得標高の再取得 基本画面
編集画面
標高を国土地理院の提供する標高データを使って取得しなおします。
標高の再取得

 

表示メニュー

メニュー 利用可能状態 処理内容
リスト表示リスト表示 常に利用可 トラックやウェイポイントの情報をリストで表示します。リスト表示ONのとき、リスト表示がONになっています。
トラック・ウェイポイントリストの表示
トラック情報トラック情報 トラックありの場合 トラック情報の表示、トラック名の設定、日時の補正をします。
トラック情報を表示
トラック選択トラック選択 トラックありの場合 トラックを切り替えます。
トラックの選択
トラック表示トラック表示 常に利用可 表示するトラックを選択します。
トラック表示を切り替える
トラック情報ウェイポイント 常に利用可 ウェイポイントの表示を切り替えます。ウェイポイント表示ONのとき、ウェイポイント表示がONになっています。
サブメニューから、「マークの表示」「名前の表示」がそれぞれON、OFFできます。
ウェイポイントの表示
グラフ表示標高グラフ 基本画面/編集画面で、ルートありの場合 標高グラフを表示するかを選びます。グラフ表示ONのとき、グラフ表示がONになっています。範囲指定画面、印刷画面ではグラフは表示されません。
サブメニューから、標高グラフへの、ウェイポイントの表示・非表示が選択できます。
標高グラフの表示
情報表示各種情報 常に利用可 画面上部に、情報を表示するかを選びます。
表示項目は、座標、標高、日時の3つで、それぞれ、ON、OFFができます。
なお、緯度、経度の表示形式は10進、度分秒から選択できます。
情報表示ONのとき、情報表示がオンになっています。表示が邪魔な場合は、「表示しない」にしてください。
情報表示
ピーク・コル トラックありの場合 ピークとコルの表示・非表示を切り替えます。のとき、情報表示がオンになっています。
ピーク・コルの表示

 

画面メニュー

メニュー 利用可能状態 処理内容
基本画面基本画面 常に利用可 基本画面に戻るときに選びます。基本画面のとき、基本画面になっています。
基本的な操作
範囲指定範囲指定画面 常に利用可 印刷範囲を指定するときに選びます。範囲指定のとき、範囲指定画面になっています。
印刷範囲を指定する
印刷画面印刷画面 常に利用可 印刷画面に切り替えるときに選びます。印刷画面のとき、印刷画面になっています。
地形図を印刷する
編集画面編集画面 常に利用可 編集画面に切り替えるときに選びます。編集画面のとき、編集画面になっています。
ルートを入力するルートを編集する
入力モードトラック入力 編集画面のみ トラックポイントの入力を行うモードに切り替えます。グラフ表示ONのとき、入力モードになっています。
ルートを入力する
トラック編集 編集画面のみ トラックポイントの編集を行うモードに切り替えます。グラフ表示ONのとき、編集モードになっています。
ルートを編集する
ウェイポイントウェイポイント 編集画面のみ ウェイポイントの入力、編集を行うモードに切り替えます。ウェイポイントのとき、ウェイポイントモードになっています。
ウェイポイントを編集する
ウェイポイントバスルート 常に利用可 ブラウザを開き、バス路線、バス停マップを表示します。
私が管理している「バスルート」のサイトが開き、現在表示している位置、ズームで地図が表示されます。

ヘルプメニュー

ヘルプメニューの「ヘルプTrailNoteの使い方」を選ぶと、このサイトの使用方法のページが開きます。